2005.11.12

びびぱん、計画的ポルトガル@摂津本山~岡本

東京のポルトガルレストランの話を聞くたびに思うこと、「大阪でポルトガル料理を食べられるお店はないものか」ということです。
ネットで検索しても見つからず、あきらめてしまって、放ったらかしの状態になっていました。
しかし、この夏の旅行後、たまたま、よく見に行くポルトガル関連サイトの掲示板で、関西それもびびぱんが大好きな岡本の付近にポルトガル料理を食べられるお店があることがわかったのです。
これは行ってみないわけにはいきません。
どうせ出かけるなら、岡本。
いつものコースでお買い物もしようと計画して、平日に休みを合わせたのでした。
そのお店の名前は「世界のごちそうパレルモ」

ポルトガルランチは要予約ということで、ダンナに予約してもらいました(その前ぐらいにお店のHPの掲示板に書き込みをしていたので、電話をした時点でびびぱんということがばれてしまいました)。
ランチでは、一回目のポルトガル旅行で食べておいしかった「アサリと豚肉のアレンテージョ風」が食べられるということで、わくわくしていました。

休みの日の割に早起きして、朝ご飯は軽めに済ませて出発。
平日の昼間ということもあって、道も空いてい、小1時間で摂津本山に到着。
予約の1時ちょうどぐらいに、お店の扉を引いたのではないのでしょうか。

1110tubu_1.jpg
・pasteis de bacalhau 干しダラのコロッケ
揚げたて、ホクホクのコロッケ。
タラのほぐし具合も絶妙で、パセリが効いていておいしかったです。

1110tubu_2.jpg
・Carne de Porco a Alentejana アサリと豚のアレンテージョ風/Feijoada ひよこ豆の煮もの
念願のアレンテージョ風です。
昨年、ぱんだが見よう見まねで作った物体とは訳が違います。
おいしいです。
食べるのがもったいない。。。
このメインディッシュには、緑色のピタパンがついていました。
なにが入っているのかと、興味津々のぱんだ、食べながらふんふんと臭いを嗅いでしまいました。←あやしい。

デザートは紅茶のアイスクリームとココナッツミルクのプリン、パオンデローの盛り合わせ。
甘いのを3つも食べれて大満足です。

びびぱんがランチを食べ終わる頃には、他のお客さんもおらず、パレルモ店主さんと長話をしてしまいました。
そして、おみやげまで頂いてしまいました。

1110tubu_5.jpg
・ポルトガル産オリーブオイル

結局、お店に3時間弱居着いてしまいました。
今思うと、夜の仕込みの邪魔になっていたかもしれません。
すいませんでした。
でも、色々お話が聞けて、楽しかったです。
緑のピタパンの正体は「菊菜(春菊)」ということでした。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

その後、お決まりのコースへ出発。
岡本周辺をぶらぶら。

フロイン堂へパンを買いに行きました。
1110tubu_4.jpg
・フロイン堂
今回はオーソドックスに、食パン1本、くるみパン小、レーズン大の組み合わせ。


ぱんだ号の中に、おいしいパンの香りを充満させながら、帰路につきました。
パンの香りに包まれながら、ぱんだは夢の中へ・・・・・。
この記事へのトラックバックURL
http://tenhofome.blog15.fc2.com/tb.php/154-807d0ddf
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
関西にポ料理が食べられるお店があったのですね!
そして私の憧れである「フロイン堂」というコース、
いいないいな♪
いつか神戸へ行くことがあったら絶対参考にさせていただきたいです。
Posted by なすなす at 2005.11.13 00:50 | 編集
はい、やっと見つけました。
このレストランに行ってから、びびぱんにポルトガル料理の波がやって来ています。
当分、びびぱんの食卓、えせポルトガル料理が続くことと思われます(笑)。
なすなすさん、神戸に行きはったら、ぜひフロイン堂に行ってみて下さい。日祝はお休みなので要チェックです→びびぱんこれで一度泣きました。
Posted by ぱんだ at 2005.11.13 23:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する