2006.12.03

12/1(fri) 吉田山でポルトガル。

***今日の夕食***
ポルトガル料理 @レストランBoa Boca 

「ポルトガル小さな街物語」の著者、丹田いづみさんが週末だけオープンされている、レストランBoa Bocaに行ってきました。
10月にオープンしてから行きたい気持ち満々でカレンダーとにらめっこ。
本日やっと行けました!!

出町柳でびびんばと待ち合わせ。
10分弱バスに乗って、お店に到着。
ドキドキしながら、お店に入りました。
「予約してたんですが…。」
「○○さんですね」と席に案内されました。
「初めまして、丹田です。」と挨拶に来て下さりました。
が、ワタシ緊張していてシドロモド蹐靴討靴泙い泙靴拭
「ぱんださん?ばんださん?」
「あっ、ぱんだです。」
しかし、この辺り緊張のあまりウロ憶え。。。。

メニューをもらって、一息と思ったら、今度は食べたいメニューが多すぎてドキドキしてしまいました。
前菜からして、全部食べたい気分です。
サラダもスープもおいしそう。
そこでアラカルトではなく、コースを注文することにしました。

・前菜盛り合わせ
 生ハム チョリソ 鱈のコロッケ タコのマリネ
 061201_soto_1.jpg
 揚げたてのコロッケ、味がよくしんだ柔らかいタコとどれもおいしかったのですが、生ハムとチョリソがシンプルなのですがおいしい。
 先に食べ終えたダンナから自分の分を死守(笑)。
 Vinho verdeもあっという間になくなりそうな勢いです。

・Canja/Calde verde
 061201_soto_2.jpg 061201_soto_3.jpg
 レモンが利いてさっぱりしているのに鶏の味がしっかりするCanjaに感動。
 我が家の適当カンジャがくどく感じました。
 あっさりしてるのにこくがあるのです、目からウロコ。
 Calde verdeはオリーブオイルの香りが違うのです。
 二人であっという間に食べてしまいました。
 そして、Vinho verdeがまた進む。
 残ったら、瓶ごとお持ち帰りさせてもらおう、と思っていたのですが、その心配はまったくなさそうです。

・サラダ(名前憶えてません)
 061201_soto_4.jpg
 色んな葉野菜にパルミジャーノのスライス、粒マスタードの入ったドレッシング。
 ルッコラがおいしい。
 来年はベランダで栽培することを心に決めました。

・豚肉とあさりのアレンテジャーナ(ダンナ)
 061201_soto_5.jpg
 「フレッシュコリアンダーが入りますが大丈夫ですか?」と聞かれ「大好きです」と答えるダンナ。
 Vinho verdeも半分以上空いて、緊張も解けてきました。
 おとり分けのお皿とスプーンを持って来てもらったのですが、お皿は使わず、ダンナはスプーンでがつがつ食べていました。
 豚は柔らかく、スパイシーでアサリのよい味がするスープ。
 ダンナ大喜び。

・スパイシーチキン(ぱんだ)
 061201_soto_6.jpg
 表面はかりかり、鶏はジューシー。
 鶏好きにはたまりません。
 がつがつ食べて、ぐびぐびです。

・Arroz doce/焼きリンゴのバニラアイス添え
 061201_soto_7.jpg 061201_soto_8.jpg
 おいしいお料理も名残惜しく終わり、〆のデザートです。
 初めて食べるArroz doceはとても優しい味でした。
 りんごとくるみとバニラアイスの組み合わせが◎。

お店に飾ってある写真は今年の夏のリスボンと聞き、びびぱん釘付け。
サウダーデ。

帰る前に、レストランでボア・ボッカの商品も買えるということで、他のお客さんを押しのけて、商品に釘付け→ぱんだ行儀悪し。
はちみつもジャムもお塩も気になったのですが、オリーブオイルを買うことにしました→前にパレルモさんに頂いたのが底をつくので。。。
2種類あるということで、試飲させて頂くことに。
同じオイルでもこんなに味が違うのかとびっくりしてしまいました。
さっき食べたCalde verdeのオリーブオイルはこれやったんやなとか、サラダにこのオイル使ったらおいしいやろうな、とか呟いていたら、ダンナからうれしい一言。
「両方買えばいいやんか」
ありがとうございます。
といいつつ、ここでダンナは帰りのバスの時間を見に行かされました。
あと、もうちょっと時間があるということで、もう少し丹田さんとお話を。
でも、相変わらず緊張気味のワタシは挙動不審でした、怪しかったです。
あっという間に時間は過ぎ、お店を飛び出したのですが、バスに乗り遅れてしまいました。
次のバスまでお店で待たせてもらうことにしました。
この抜け気味がびびぱんですな。

次は早めにお店を出て、見送って頂き、バス停へ。
が、今度は待てども待てどもバスが来ない。
さっきのは定刻通りに通り過ぎて行ったというのに、今度のは5分遅れても来ない。
酔い覚ましを兼ねて、駅まで歩くことにしました。
ポルトガルで歩きまくったびびぱんにとって、15分の距離は丁度良い腹ごなしになりました。
二人で歩きながら、今日の料理を反芻しました。

ごちそうさまでした。
この記事へのトラックバックURL
http://tenhofome.blog15.fc2.com/tb.php/896-2e0502e9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
わー!とうとう行かれたのですね!!羨ましい。
私も関西方面へ行ったら絶対行きたいなあ。
私も今週はポルトガル料理食べに行きますよー。
ヴィラモウラ@3回目です。
他に行ってみたいポ料理店があるのに、
どうしても行きやすい&集まりやすいところばかりになってしまいます。
Posted by なすこ at 2006.12.04 22:51 | 編集
BoaBocaに行った時に丹田さんからヴィラモウラのお話を聞きました、あと東京にポルトガル料理レストランが増えているということも。
関西も同じ電車の沿線で始発駅(ポルトガリア)と終点(BoaBoca)が出来てうれしいです。
特急で1時間弱です、関西に来られたら、一緒にポルトガル料理をハシゴしましょうよ、なすこさん。
Posted by ぱんだ at 2006.12.05 22:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する